四柱推命の的中率が高いワケ
四柱推命の的中率が高いのは星座や血液型のように人を12や4つのパターンに分る方法ではなく、個人の生年月日と生まれた時間で判断をするため、より精度が高いためです。
2017/05  ≪ - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  ≫ 2017/07




スポンサーサイト
/スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




四柱推命とは
/四柱推命/CM(-)/TB(-)/

四柱推命という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
四柱推命とは占いの一種なのですが、対象になるその人の一生、人生の流れを事前に知っておくことが出来るという占い方法なのです。


四柱推命の発祥の地は中国です。
その中国で遥か昔から培われてきた運命学と言うものになるそうです。


分析する素材としては生年月日時の干支を扱い、年柱・月柱・日柱・時柱という4つの柱を使って分析していくことを由来として「四柱推命」と言うように呼ばれているようです。


さらに干支に関してですが、日本でよく知られている十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)だけでなく十干と言う「甲乙丙丁戊己庚辛壬癸」もプラスしたものから成り立っているもので、考え方としては陰陽五行説を使ってその人の人生の流れを見ていくというようなものです。


ここで新たな言葉が出てきました。
「陰陽五行説」と言う言葉です。
陰陽五行説の考え方としてはすべての物事の基本というのは宇宙(地球を含む)が木・火・土・金・水の五行で構成されているという考えだということのようです。


しかし、いくら言っても所詮占いだからという人がいるかもしれませんが、四柱推命は東洋占術の中でも的中率は群を抜いて当たるとされています。


またこの占術の目的としては来期に何が起こりうるのかを事前に知っておくことで、悪い時期にはそれをすることを避け、良い時期には運気に乗るという道しるべになるということなのです。


ですからぜひ四柱推命をやってみて人生の流れを見てみてはいかがでしょうか。


スポンサーサイト




四柱推命の的中率が高いワケ
/四柱推命/CM(-)/TB(-)/

四柱推命は占いという位置付けで定義されていますが、統計されているデータに基づいて結果を導き出しているので、空想などではなく科学的な運命鑑定の統計学であると言えます。
四柱推命は「陰陽五行説」と「干支術」を元にして結果を導きだし、その人の運命を鑑定するという方法です。
またそれだけを根拠にしているわけではなく、哲学、東洋占術、儒教などの知識も加えられており、その人にとって的確な結果を鑑定することができるので既に占いという枠を越えてしまっているのです。
四柱推命の的中率が高い理由としては星座や血液型みたいに人間を12パターンや4パターンなんかに分けないで、個人の生年月日と生まれた時間で判断をかけているためだと思います。
では生まれた時刻が分からない場合はどうでしょうか?自分の生まれた時刻を知らない人もたくさんいると思います。
知らないから四柱推命で占えないのかと言うとそんなことはありません。
生年月日だけで見てみると鑑定結果に多少ズレが出てくるようなのですが、そんな場合には占い師が色々な質問をしてそれを通して特定していくと言うような形を取るようです。
また四柱推命は生年月日と生まれた時刻というかなり限られたところで鑑定ができるという利点もあることから、四柱推命では宿命も見ることができるそうです。
いい人生が待っているのか悪い人生が待っているのか見ることも大切ですが、自分が背負っている宿命もきちんと理解しておいた方があらゆる場面でも役に立つと思います。




四柱推命を利用するとき
/四柱推命/CM(-)/TB(-)/

四柱推命を利用するときと言うのはどういったタイミングなのでしょうか? 以下にちょっとした例をご紹介してみたいと思います。
【結婚を考える】
結婚を考えた時に家庭を大事にする人なのか、性格はいいのか、浮気はしないのか、子供は作れるのか、仕事運はどうなるのか、金銭面は安定するのか、離婚の可能性はあるのか、健康面はどうなのかとか結婚に携わることを見ることができます。

【恋愛】
現在進行している恋愛について、相手の方との相性、セックスのこと、将来のことなどを見ることができます。

【失恋をした時】
失恋したときはこの先どうしたらいいのか分からなくなってしまいがちです。
自分の運命を知って最善の道に進めるように示唆します。

【対人関係に悩んだとき】
相手の性格と自分との相性より対応策を見ることができます。

【健康面】
病気になりやすい時期など気を付けなければならない時期を見ることにより不安が解消されるようになります。

【妊娠・出産】
妊娠に適している時期や不安に思うことなどを解消します。
また、帝王切開など日にちが指定できるような場合には良い日にちを選ぶことも可能です。

【転職】
転職時期や内容などを見ることができます。

【仕事】
この先の仕事がどうなるかなどを見ることができます。

【金銭面】
金銭面でどうなっていくのかを見ることができます。

【子供のこと】
子供の能力や教育に関することを見ることができます。
以上の他にもまだまだ見られるものがあります。




四柱推命で占うことができないもの
/四柱推命/CM(-)/TB(-)/

四柱推命もいくら的中率がいいからと言って何でも占うことができるほど万能ではありません。
自分の私腹を肥やすためのことに関しては四柱推命が利用できないのであらかじめ了承しておく必要があります。
以下に四柱推命で占えないものの例をご紹介します。
競馬、競輪、パチンコなどのギャンブル事に関しては占えません。
宝くじの購入場所などは占えません。
株などで資料となる経済状況なども占うことができません。
以上のようなことからも分かるように四柱推命と言うのは人間の人生について見ることができる運命学になっていますので、人に関係がないことについては占うことができないと言うことになります。
所詮占いにギャンブルを託そうとすることは意味合いが違うので意味がないとは思うのですが。
次に話しは変わって、よく雑誌などで目にすることがある、「今日の運勢」「今年の運勢」の記事があるかと思いますが、もし一言でも「四柱推命」と書いていたら、その記事は疑ってみてもいいのではないかと思います。
なぜ疑うのかと言うと、雑誌などに書いてある占いは星座や生まれた月などを利用したものだからです。
四柱推命は個人の生年月日から割り出しているものなので同じ月に生まれていようが、同じ星座であろうが、違うということになるのです。
また個人の四柱を特定した上で鑑定を行いその人個人の年運~一生の運命を出している運命学ですので星占いとはまた意味合いが変わってくるのです。




四柱推命の内容
/四柱推命/CM(-)/TB(-)/

四柱推命という占いは中国で遥か昔から使われている運命学のひとつで、過去、現在、未来を予見することができます。
また陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)を基にして性格や能力、後天的な運命までも予見することができ、また的確に鑑定することが可能の占いです。
四柱推命は東洋占術の中ではかなり高い的中率を誇っており、占いの帝王とか言われているほどなのです。
占星術の運気の流れの見方と言うのはその人がどういう星に支配されているかによって推測されているものです。
ちょっと見てください。
この「星」という字ですが、生まれた日と言うように作られています。
四柱推命では生まれた日、つまり星を4つの柱(『年柱(ねんちゅう)』『月柱(げっちゅう)』『日柱(にっちゅう)』『時柱(じちゅう)』)として見立てています。
それによっていろいろなことを占う運命学として確立されている占いなのです。
実際に占いをしてもらうときですが、あまり自分が生まれた時間を性格に知っている人はあまりいないでしょうから、生年月日と占い師と話すことによって情報を得た占い師が考えた内容によって宿命とか運命とかを推測していくことが可能のようです。
この生年月日とそれぞれに該当する干支などを加えて60種類もの干支達が色々なメッセージを占い師に託し、示し、それの意味を解読して私たちに伝えてくれるものだと思います。
ざっと四柱推命について説明してみましたが、あまり考えすぎずに気楽にやってみてはいかがでしょうか。








CENTER MENU CATEGORY Ⅲ


copyright © 2006 四柱推命の的中率が高いワケ. All Rights Reserved.
Template Title : 賢者の瞳  Ver1.0
by TAE-3rd☆テンプレート工房
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。