四柱推命の的中率が高いワケ
四柱推命の的中率が高いのは星座や血液型のように人を12や4つのパターンに分る方法ではなく、個人の生年月日と生まれた時間で判断をするため、より精度が高いためです。
2017/07  ≪ - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  ≫ 2017/09




スポンサーサイト
/スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




四柱推命の4つの柱と命式
/四柱推命/CM(-)/TB(-)/

四柱推命の名前にも入っている「四柱」(4つの柱)の意味しているものは何だと思いますか? 四柱推命の考え方として、人がこの世に誕生した瞬間の【年】【月】【日】【時間】を基準として柱と見立てます。
柱が4つあるので四柱といい、それぞれを【年柱(ねんちゅう)】【月柱(げっちゅう)】【日柱(にっちゅう)】【時柱(じちゅう)】と呼んでおります。
四柱推命の考え方はこの4つの柱をもとにしてその人個人の運命、未来、対人関係、才能などを表すことができると言うように考えられているようなのです。
以上のようなことから四柱推命では四柱を基にして作られた「命式」正しくは「四柱推命式」と呼ばれるものが必要になってきます。
一見四柱推命とは難しく見え、専門の人でないとなかなか占うことができないと思われがちですが、「四柱推命式」とこれに伴う「知識」さえあれば、誰にでも自分や周りの人の運命や、色々なことを読み取って鑑定することができるようになるかもしれません。
ただし、知識を得るのはかなりの勉強が必要になるかとは思いますので、結局は難しいかもしれませんが、やる気になれば出来るようになると思います。
では、その「命式」(四柱推命式)について説明してみたいと思います。
四柱推命式と言うのは四柱推命に定められている方式があるのですが、それと四柱に基づいて作られた表形式のものです。
それを使って個人事の運命などを鑑定していきます。
とても重要な式になります。




四柱推命の基本思想
/四柱推命/CM(-)/TB(-)/

四柱推命は的中率が高いとものすごく評判の占い方法ですが、その基本思想は陰陽五行(いんようごぎょう)にあると言われています。
以下に陰陽五行について説明したいと思いますので参考にしてみてください。

【陰陽】
全ての事柄が「陰」と「陽」に分けることが出来るという考えが陰陽思想というものだと言います。
「陰」と「陽」はお互いに相反するものです。
相反するゆえに影響を与え合っているという考えからきているようです。

【五行】
五行思想の五行とは「木」「火」「土」「金」「水」の5つの要素から成り立っているものです。
この5つの要素はお互いに影響し合っているものだと考えられています。
ではどういった影響の仕方をしているかと言うと以下に説明してみたいと思います。
「木」→燃える→「火」→生まれる→燃え尽きる→「土」→生まれる→凝る→「金」→生まれる→冷える→「水」→生まれる→「木」→育てる→燃える・・・。
というようなお互いがお互いを必要として助け合っている関係性の影響の仕方と、「木」←養分を吸い取る←「土」←吸い取る←「水」←消す←「火」←溶かす←「金」←倒す←「木」・・・。
というような奪い取る関係を持った影響の仕方と二通りに分類されると思います。
前者の助け合いの影響関係を「相称の関係」と呼び、後者の奪い取る影響関係のことを「相克の関係」というように呼ばれているようです。
この助け合ったり、奪い合って消耗しあったりする関係のことを五行思想の考えというように考えられているようです。




四柱推命の占い師になる方法
/四柱推命/CM(-)/TB(-)/

占い師という職業に興味を持っている方はどれだけいるのでしょうか? 四柱推命の占い師になるにはどうしたらいいのでしょうか? この世の中占い師と呼ばれる人は本当に大勢いると思います。
占い師に必要なこと、それは流れを読み取る感と経験なのかもしれません。
それだけでいいのであれば勉強と経験さえあれば誰でも占い師になれると言うことになります。
霊感がある人がやる場合にはあまり勉強をしなくても見ることができると思いますが、霊感がない人が占い師をやろうと思った場合にはやはり勉強など知識を着けることが必要となります。
四柱推命の占い師になりたい場合の方法はいくつかありますので、参考にしてみてください。

【学校】
占いを学ぶ近道として、プロの占い師に学ぶことができる学校に行くという方法があります。
授業料はかかりますが、四柱推命だけでなく、占星術や手相など幅広く学ぶことができるでしょう。

【弟子入り】
尊敬する占い師がいるのであれば、その人に相談をしてみるのもいいと思います。
弟子入りさせてくれるかもしれません。
弟子入りした場合の料金や教え方はその占い師次第ですのでよく相談してみるようにしてください。

【独学】
独学で勉強してみるのが一番お金もかからなくていいとは思いますが四柱推命などものによって複雑な意味を持つ占いとかは間違って覚えてしまうと、鑑定した相手に対し間違った情報を教えてしまうことになりますので、危険です。
できればきちんと学ぶことをおすすめします。




四柱推命という占い
/四柱推命/CM(-)/TB(-)/

占いと一言でいっても星占いや0学占い、手相、姓名判断などさまざまな占いがありますが、その占いの中でも古い歴史があり的中率が高いのが中国の四柱推命という占いです。
四柱推命が中国で誕生したのは今から1500年ほど前だと言われていて、古代の中国では「帝王の運命学」と呼ばれていたようです。
そのうえ、戦争や政治で重要な判断をくださなければならなかった時に四柱推命が使われていたほど四柱推命は難解で的中率が高いと言われていたようです。
的中率が高いと言われているのは何故かというと、通常星占いとかは星座だけでみるために12種類にしか分かれていませんが、四柱推命は生まれた生年月日と時刻をもとにして判断するので、人の数だけ見方があると言うことになると思います。
四柱推命の目的としては起こりうる将来が吉の場合にはその吉をうまく活かしていくようにして、凶の場合にはそれを避けるように心がけるということが道しるべになっているようです。
四柱推命の根元的な考え方として陰陽五行という思想があります。
最初の陰陽は「いんよう」と読み、この世の全てのものごとには陰と陽があるという考えのものです。
すべてにおいて陰と陽があるため、お互いに影響をし合っているという考えもあるそうです。
次に五行は「ごぎょう」と読み、この世の全てのものごとは「木・火・土・金・水」の5つのどれかに当てはまるという考えで、お互いに助け合ったり消耗しあったりして生きていくという考えのようです。




四柱推命の宿命星と十二運星
/四柱推命/CM(-)/TB(-)/

四柱推命とは、生年月日と生まれた時間を4つの柱に見立てた上でその人の運命や未来、宿命などを表して占っていくというものです。
この四柱推命を行うためには「四柱推命式(命式)」というものが必要となります。
四柱推命を使って相性占いをしたい場合ですが、これは宿命星というものを基にして鑑定をしていくような形になります。
ここで、「宿命星」という言葉が出てきましたが、これは先ほどの4つの柱(四柱)と十干の関係性を示した物だということです。
宿命星は、その人が生まれたときから背負っている運命というものがどういうものなのか、また性格や行動などがどういうものなのかを現していると言われています。
この星によって相性占いでの運命が関わっているといわれています。
また、性格などの宿命に対して占いをするときに最も適しているものが十二運星という星になります。
この十二運星というのは、エネルギーというものを表していて12種類の運勢エネルギーが表されています。
この12種類のエネルギーというのは、人の一生を表していて、それによってその人の運勢や性格などが判断されるようになっているようです。
その12種類の十二運星というのは以下の12種類になりますので参考にしてみてください。

・長生(ちょうせい)
・沐浴(もくよく)
・冠帯(かんたい)
・建禄(けんろく)
・帝旺(ていおう)
・衰(すい)
・病(びょう)
・死(し)
・墓(ぼ)
・絶(ぜつ)
・胎(たい)
・養(よう)





BACK / MAIN / NEXT




CENTER MENU CATEGORY Ⅲ


copyright © 2006 四柱推命の的中率が高いワケ. All Rights Reserved.
Template Title : 賢者の瞳  Ver1.0
by TAE-3rd☆テンプレート工房
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。